公開日: |最終更新日時:

使えるくらうど工事台帳2.0

使えるくらうど工事台帳2.0の特徴

  1. 建設業務に必要な情報を、システムで一括管理できるようになります。クラウドシステムの活用は初めてという方でも、簡単操作ですぐに実践導入可能。高機能なのに誰でも使いやすい業務支援システムです。
  2. 指定のフォームへ入力するだけで日報が完了します。入力はパソコンだけではなくスマホからでも可能です。入力した日報データはシステム内で集計し、出勤表などの帳票として出すことができます。このことで転記作業が必要なくなるので、ミスも手間もなくなります。
  3. 建設業向けの管理機能が豊富に揃っており、原価管理だけでなく見積もりから発注まで全てを一元管理できます。管理機能によって詳細情報を工事台帳として把握、細かい詳細条件も付けて帳票を出力することも可能です。

使えるくらうど工事台帳2.0のサポート体制

パソコンが苦手な人でも簡単操作が可能なのが強みなので、それほど困るようなシステムではないのかもしれません。実際に他のシステムからの乗り換えでも好評だと言われています。建設業界に特化しているので、商習慣などは理解された上で標準的なサポート体制は備わっていると言えます。

使えるくらうど工事台帳2.0の使用方法・機能

わかりやすい原価管理機能

専用の画面からスピーディーに原価データを入力できます。原価項目は予め登録した情報を参照して選択すればいいので、名称や単価が自動で反映されます。実行予算機能で登録した原価項目を選択することや、予算残を確認してデータの入力を行うことも可能です。

使えるくらうど工事台帳2.0の価格

公式サイトに記載なし。要問い合わせ。

使えるくらうど工事台帳2.0の事例・口コミ

電気工事業

他社原価管理システムからの乗り換え後、複数台のパソコンで使えるようになった。コストダウンもでき、クラウドなのでハードが壊れてもデータを失わない環境で安心して使用でき、現場や出先、どこからでもアクセス可能なので便利になった。

参照元:>使えるくらうど工事台帳2.0公式サイト http://www.tsukaeru-koji-daicho.jp/

使えるくらうど工事台帳2.0の会社情報

社名 アサクラソフト株式会社
住所 岡山県 津山市東一宮51‐1
URL http://www.tsukaeru-hp.jp/
Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。