公開日: |最終更新日時:

建設原価ビルダー3

建設原価ビルダー3の特徴

  1. 建設業務のセルフコンサルティングを提供するインストール型の原価管理、業務改善を提供するソフトです。発注済みチェック機能を搭載し発注漏れや重複発注過剰を防ぎ、管理コストを削減します。クラウド版ではなくスタンドアロン版なのでハード機器が必要です。しかし、パソコンさえ有ればソフトウェアを購入するだけで済みますので、それほど費用はかかりません。
  2. 会計の専門知識がなくとも、業務フローに沿った簡単なデータ入力だけで使用可能です。コスト管理に役立つ帳票の作成をすることで、工事状況が数値によって的確に把握できるようになります。
  3. 支払を基準にして台帳管理を行います。業務フローが分からなくても、仕入れ先からの請求書を入力するだけで簡単に工事台帳の作成が可能です。経費の流れを確認しながら原価管理をすることができる柔軟なシステムです。

建設原価ビルダー3のサポート体制

電話やFAXによるサポート商品サポートを行っています。

建設原価ビルダー3の使用方法・機能

建設原価ビルダー3は、業務フローに沿ってデータ入力をするだけで簡単に使用できます。コスト管理のために役立つ帳票も簡単に作成可能です。仕入先や外注先の登録、請求書の入力、入庫管理など、必要な情報はすべてシステムの中に取り込んで管理・運用ができます。

建設原価ビルダー3の価格

スタンドアロン版のみ

本体価格:132,000円

建設原価ビルダー3の事例・口コミ

建築リフォーム業

事業が軌道に乗れば乗るほど煩雑化する事務処理作業、従業員3名という少数精鋭での事業所にとってはかなり大きな問題です。そこで原価管理ソフトを導入し、管理業務をコンピューターの力で改善しました。

参照元:建設ITガイド http://it.kensetsu-plaza.com/cad/example/atto-home08/

建設原価ビルダー3の会社情報

社名 コベック株式会社
住所 兵庫県 神戸市兵庫区 中道通3-4-3NSKビル2F
URL http://www.kobec.co.jp/index.html
Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。