公開日: |最終更新日時:

弥生

このページでは、会計システムである弥生の概要と、同システムに原価管理機能を搭載するにあたり、おすすめの連携システムについてまとめています。システムの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

弥生とは?システムの概要を紹介

多くの人に選ばれている会計システム弥生。「かんたん、あんしん、たよれる。」というメリットがある弥生シリーズは、公式ホームページによると2020年3月の時点においては登録ユーザー220万突破(※)。弥生シリーズにはクラウド上で利用できるバージョンと、パソコンにインストールして利用するバージョンなどがあり、その中でもさまざまな種類があります。

※参照:弥生公式HP(https://www.yayoi-kk.co.jp/reason/index.html)

弥生会計の特徴

弥生の特徴としては、下記のような点が挙げられます。

誰でも使えるかんたん設計

作業を行う場合には、機能や業務の流れをビジュアルしてわかりやすくしたり、つまづきやすいポイントを解説するなどさまざまな工夫が行われています。業務経験がない・少ない初心者の場合でも、簡単に使用できる設計となっています。

法令や税制の改正にも対応

頻繁に行われる社会保険料率の変更や書類関係の様式の変更、税制の改正についてもスムーズに対応できるように、情報提供に加えてサポートを行います。

頼れるカスタマーセンター

業界の中でも最大規模のカスタマーセンターを用意しています。ここでは、実務教育を受けた専門スタッフが相談に対して的確な回答ができるような体制を整えています。

このシステムに原価管理機能を備えるなら

弥生は多くの人が使用しており便利なシステムではあるものの、原価管理機能は搭載されていません。そこで、このシステムに原価管理機能を備えたいと考えたときに連携できるおすすめのソフトをご紹介します。

uconnect

unconnectは、工事業や建設業向けとして設計されている粗利管理クラウドソフトです。リアルタイムで工事台帳や工事ごとの粗利について管理することが可能となっていますが、CSV出力の機能を使用することによって売上や原価情報を弥生会計と連動することが可能となっています。

レッツ原価管理Go2

レッツ原価管理Go2で管理している仕入・支払・売上・入金データは弥生会計をはじめとする会計ソフトに連動することが可能となっています。

JSI工事台帳 Lite

シンプルな設計の工事台帳作成システムであるJSI工事台帳も、弥生会計と連動が可能です。会計に関する情報がダイレクトに工事台帳に反映され、会計ソフトと工事台帳ソフトそれぞれへの入力も必要なし。

また、未成工事支出金データに関しては弥生会計から元帳データをエクスポートできます。

Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。