公開日: |最終更新日時:

PROCES.S

PROCES.Sの特徴

  1. 約350社の導入実績(2020年12月時点公式サイト)を持ち、多様なモジュールラインナップで、建設業夜行事業の各業務の支援を行う建設工事業ERPシステムです。基幹系、情報系、業務特化のモジュールに分かれた完全Web型のパッケージソフトになっています。
  2. 建設業に特化しているため、会計、原価管理、支払など、業界関係全ての基幹業務を網羅したトータルシステムになっています。対象規模も最小構成から全社横断型の構成まで柔軟に構築可能です。
  3. 統合データーベースによって、全てのデータを一元管理します。これにより、重複入力のミスもなくなり、さらに紙で管理されていたデータも全て一元管理することが可能です。問い合わせ画面やExcelへの出力機能も利用し全社どこの部門でも共有できるように抽出・加工できます。

PROCES.Sのサポート体制

PROCES.Sを紹介している建設ITNAVIでは、建設関係するテーマ別の課題解決の記事や、業界の人間にとって関心度の高いコラムなどを発信しています。サポートと直接関係があるわけではありませんが、リテラシーの高さが伺えるので、サポート力を前面に出していませんが強力なサポーターだと感じられます。

PROCES.Sの使用方法・機能

現場原価管理の管理方法

実行予算書や発注稟議書の作成、資材や機材の出庫管理で入力した情報も共有し、注文書や納品書の発行などが行えます。さらに下請業者へのでき高査定の実施や、下請業者から来た請求書の処理、工事の完成見込原価や利益の確認いったことを行い、原盤の原価管理を行います。

PROCES.Sの価格

公式サイトに記載なし。要問い合わせ。

PROCES.Sの事例・口コミ

土木・建築業

会計管理と原価管理を統一し、リアルタイムな状況把握を達成した。元々基幹系と情報系システムがバラバラに構築されていたため、情報の一元化、共有化がされていなかった。その結果重複入力など事務の負担も大きかった。

システムを導入し、バラバラの情報を一元管理し、経営判断に必要な情報を迅速に把握できるようにした。さらに統一した原価管理システムを構築することで、工事原価の管理品質を高め運用方法を見直すまで至った。

参照元:PROCES.S公式サイト https://process.uchida-it.co.jp/case/doken/

PROCES.Sの会社情報

社名 株式会社内田洋行ITソリューションズ
住所 東京都港区新橋6丁目1番11号 Daiwa御成門ビル
URL https://www.uchida-it.co.jp/
Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。