原価管理システムサバイバルマニュアル » 製造業向け原価管理システム一覧

公開日:|最終更新日時:

製造業向け原価管理システム一覧

原価管理システムは価格や機能が様々あり、自社の業態や希望に合うシステムを見つけることは難しいものです。本ページでは原価管理システムの中でも製造業におすすめのシステムを紹介しています。

クラウドERP ZAC

プロジェクト型ビジネスに特化したクラウドERPです。プロジェクト別の原価管理から利益計算まで、損益情報を瞬時に把握できるようになります。事務処理業務の効率化も図れるので本業に専念できます。

TeamSpirit

さまざまな業務のワークフローを一つのアプリに集約。勤怠管理、工数管理、経費精算など業務に関係してくるさまざまなアクションを便利にし、効率よくこなせるようにサポートしてくれます。

CAM MACS

中小企業に特化した経営効率化を支援するクラウド型ERPです。気軽に利用できるライトなプランと、打ち合わせを行い会社に合うようにカスタマイズされるプレミアムなプランがあります。

勘定奉行11

会計業務を早く簡単にするための機能が標準で搭載されています。仕訳起票を自動化・省力化する機能、財務状況や経営状況を把握できる機能などがあります。

鉄人くん

月30,000円(※)から納期・工程・在庫・図面など全ての管理ができるようになる生産管理システムです。取り扱う製品を一括管理し、クラウド型なので外出先どこでも確認ができます。

※2021年10月現在、公式サイトで税表記を確認することができませんでした。

アラジンオフィス

導入実績5,000社(2020年12月時点公式サイト)を誇る販売管理、在庫管理のパッケージソフト。売上管理、請求管理、発注、仕入まで建設業だけでなく幅広い業種に対応できるのも魅力的なシステムです。

J-CCOREs

原価管理システムとして独立した導入が可能です。既に使用している生産管理システムがあれば、使っている生産管理の良さをそのまま活かしつつ、新たに導入することができます。

AMMIC/Net

生産・原価・販売・購買管理をシステムで統合し、製造業に必要不可欠な業務を効率化するERPパッケージです。製造業に特化しており生産・原価管理に強いシステムになっています。

MCFrame XA 原価管理

250社を超えるさまざまな製造業に採用されている(2020年12月時点公式サイト)原価管理システムです。生産管理システムと合わせての導入も、原価管理システム単体での導入も可能になっています。原価管理のニーズを捉えた機能を多く備えています。

iDempiere(アイデンピエレ)

OSGi(Javaベースのサービスを定義している標準化団体)の仕様を取り入れ、プラグインによる拡張機能を備えているのが特徴的なERPです。無料で使用できるオープンソースのERPとなっています。

Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。