公開日: |最終更新日時:

KojiNEO

KojiNEOの特徴

  1. オンプレ版だけでなくクラウド版もリリースしたシステムです。工事現場で発生するコストを集中管理、受注、契約から完成までの業務を標準化し事務作業を効率化します。
  2. 会計ソフトPCA会計DXとのAPI連携が可能で、その場合は別途PSS会員料金が必要になります。会計ソフトと連動することで仕訳ダッシュボードへ自動ですぐに書き込みが可能です。マスター情報への追加や変更も即時自動登録されます。
  3. 営業管理機能では、受注目標と受注予定の管理を行います。受注見込物件の見込金額・見積金額・見込み確度など登録することで、受注予定日や見込み度合いを抽出し、受注予定の物件を検討します。見込み物件が確定したら、工事情報登録に連携すれば新規案件の登録が完了です。

KojiNEOのサポート体制

年間サポート費用として提供されているパッケージ価格は定価の10%です。自社に合わせたカスタマイズも可能ですが、その場合は別途相談になります。実際に具体的な保守やハード・インフラのサポートについてはマテハンソフトが契約しているパートナー企業になります。

KojiNEOの使用方法・機能

以下が、KojiNEOに搭載されている機能となります。

  1. 営業管理
  2. 受注工事管理
  3. 実行予算管理
  4. 発注管理
  5. 業者請求管理
  6. 業者支払管理
  7. 得意先請求管理
  8. 入金管理
  9. 完成管理
  10. 工事原価管理

KojiNEOの価格

クラウド版:33,000円+1クライアント3,850円
初期費用 220,000円

※オンプレ:Light版:825,000円+1クライアントライセンス 55,000円

KojiNEOの事例・口コミ

原価管理システムに該当する事例・口コミは特にありませんでした。

KojiNEOの会社情報

社名 株式会社マテハンソフト
住所 栃木県宇都宮市問屋町3172-78
URL https://www.matehan.co.jp/
Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。