公開日: |最終更新日時:

クラウド版?ソフト版?原価管理システムの今

原価管理システムはこれまではパッケージング型が主流でした。しかし、原価管理に限らずさまざまな業務改善システムがクラウド型で登場しています。

クラウドサーバーを活用することでハード機器を導入する必要がなくなりコストがおさえられ、インターネットを通じて、アクセスするだけで即導入できるようになっているのです。

クラウド版のメリット

クラウドの考え方はAppleのiCloud、GoogleのGoogleドライブやGoogleフォトのように日常的にも浸透しています。このことからも、クラウドというシステムに対して「なんとなく恐い」「安全なのか」と抵抗感を持つ人は少なくなっていると言えるでしょう。

クラウド型のメリットは、インターネット環境とデバイスさえあればどこからでもアクセスができることです。このメリットはプライベートよりもビジネスの方が恩恵を受けるシーンが多くあります。

クラウド型のメリットはそれだけではなく、システムをアップデートをすることで常に最新のシステムに変化してくことです。

さらに原価管理システムやERPのようなシステムの場合、これからの時代の変化に合わせて柔軟に変更、カスタマイズできるものでなければ長らく愛用していくことは難しいと言えるでしょう。

したがって、インストールをして使うパッケージ版やオンプレミス型よりも、変化に対応できるクラウド型システムが重宝されてくることが予想されます。

原価管理は自社に合ったシステムを

会社の規模が大きくなり、既存のシステムでは追いつかなくなってきた、法律が改正され原価計算や売上計算にも影響がでてきた、こういった状況が起ったとしても、システムそのものをバージョンアップしていけるクラウド型は、今の時代に合っているシステムと呼べるのではないでしょうか。

これから原価管理システムを探していく際には、クラウド型がいいのか?パッケージ版がいいのか?十分考慮して、自社にあったシステムを見つけてください。

Best support
建設業・工事業向け
サポートが手厚い原価管理システム

建設業・工事業向けの方に向けて、初めてでも導入しやすい原価管理システム紹介します。 下記では、今主流となってきているクラウド版システムの中から、初めての方でも導入しやすいようにWeb上で試せる無料サポートがあり、建設業・工事業で使用されている事例や口コミがあるシステムをピックアップしました(2020年11月現在)。

安くてサポートが手厚い原価管理システムの比較へ>>

サービス名
月額
契約更新単位
導入サポートの
充実度
uconnect
月額
6,600円~
(基本料5,500円+1,100円/ユーザー)
契約更新単位
1か月毎
導入サポートの充実度
無料トライアル30日
無料導入支援
無料オンライン相談
レッツ原価管理Go2
クラウド
月額
22,000円
(1ユーザーのみの場合)
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
無料トライアル45日
オンラインデモ
e2movE
月額
HPに記載なし
契約更新単位
1年毎
導入サポートの充実度
オンラインデモ

※レッツ原価管理Go2は上記月額費用のほかに、1ユーザーあたり税込11,000円の初期費用がかかります。